FC2ブログ

学習塾の脱税

集団指導塾
01 /25 2020
個人経営の学習塾で「脱税」が行われていました

売り上げが少なく、生活に困っていたのではなく 十分な収入がありながら 

社長は 巧妙に 用意周到に脱税をしていました

その塾の塾長(社長)は 非常に頭が良く 偏差値70はあり 生徒もたくさん集まっている塾でした

通常、脱税が発覚するのは 銀行口座の入出金記録を税務署が調べて というケースが多いそうです

その塾では それを知ってか 生徒からの月謝を月謝袋に入れてきてもらい、講師への給与は現金手渡しでした

当然 銀行口座や公式な記録にはお金の流れが一切残りません

税務署も売り上げの低い会社へは 脱税の調査をあまりせず 見逃しているという話も聞きました

売り上げの低い会社を調査しても 微々たる税金しか徴収できないからだそうです

社長の優秀な頭脳を「脱税」という犯罪に使うのは 非常にもったいないと思います

社長が 「税務署を騙すなんて簡単だ」と公言していたのにはびっくりしました

不正や犯罪を犯す人が 「先生」として子供たちに関わり、生徒には「人間としてきちんとしろ!」と教育していたリ

「あいつは成績が悪い」「態度がなってない!」と言うのを聞いていると非常に疑問に思いました

しかし、塾に教科書を納品している出版社に照会すれば どのくらい生徒がいるかが分かるので、

脱税は不可能だし 教育者としてやってはならないことだと思います

生徒を放っておく塾

集団指導塾
04 /18 2019
集団指導の塾では 生徒の成績レベル別にクラス分けをすることが一般的です

勉強が苦手な生徒には優しく解りやすく教えるクラス、成績がトップクラスの生徒には応用問題などで実力をつけるクラス

に分けるいうパターンが多く、塾では勉強をわかるようにするという目的の下、その方がいいのと思います。

しかし、ある個人経営の集団指導塾では 少子化で子どもの人数が減少したため、少なくなった月謝=収入で塾の運営をするために

偏差値70の生徒と偏差値35~40の生徒を同じ教室で学習させていました。

公立の学校であれば、学力に関わらず いろんな生徒とコミュニケーションを取り、人生勉強をするいい機会だと思います。

しかし、集団授業だけの塾で 売り上げのために成績がバラバラの生徒をごった混ぜにすると、 

偏差値60~70ある生徒は授業が簡単すぎて すぐに問題を解き終わり 暇にしていて、

勉強が苦手な子は問題を解くのに時間がかかり 先生の解説や助けが必要になります。

問題を解くスピードは それぞれの子どもの個性であり問題はないと思いますが、それぞれの生徒に合った学習方法に適応できないのです。

しかし、それを解っていて 塾の先生や社長は 「成績がいい子は授業中、放っておけばいい」

「親がうるさく言ってくる生徒はしっかり面倒を見て満足をさせて 他の生徒は放っておいていい」

と教育者として耳を疑うようなことを言っていました

親がうるさく言ってくる生徒も 親が何も言ってこない生徒も 大切に育てられてきた子どもであり

同じ学費を払っている生徒なので 平等に面倒をみるのが当然だと思います。

集団指導だけをしている塾には、入塾する前に成績のレベル分けをしているか、経営者の理念などをしっかり確認した方がいいと思います。

集団指導塾の問題点

集団指導塾
04 /10 2019
現在の塾の主流は 「個別指導・映像授業」になっています。

現在も集団指導だけを行っている塾は 経営者がご年配の方や団塊の世代が多く 昔の教育が「すべて」だと信じている方もいます。

今、ご年配の先生方が若い頃は 子どもの数が多く、集団授業を受けて育ち 厳しく体罰を受けながら育ったため、それを当り前だと信じています。

そして その人が先生となり 子どもたちに竹刀や棒、素手で暴力を振るい、「集団授業についてこられない生徒が悪いんだ!」と言い、

それが「教育」だと信じています。

時代は刻一刻と変わり、同じ商品を売り続けたのではどんな企業も潰れてしまいますが、

「教育だけは変化しなくていい」という思い込みから 時代や顧客のニーズに寄り添わず 独りよがりな考えや暴力・差別を

子どもたちに教えている古いタイプの塾もあります。

大手の塾では 勉強が苦手な子は個別指導へ 進学校へ行きたい子は集団指導へ 

自分で学習できる子は映像授業へと振り分けているところもあります。

「個別指導と集団指導・映像授業」を兼ね備えた塾の方が 時代のニーズに合っていて良心的だと思います。 


一店舗しかない個人経営の塾は 塾長(社長)の個人的な世界観 =「集団授業こそ正しい」「暴力や男尊女卑・セクハラは当たり前だ」という

前時代的なやり方のことろもあります

昔から人気のある塾でも 個人経営の塾の場合、経営者が世代交代していないところは 現代の常識に適応できていない所もあるのが現状です。

自分の大切な子どもを通わせる塾が どういうタイプの塾なのかしっかり検討してみた方がいいと思います

philosophysophia763

学習塾で働いていました。