FC2ブログ

離職率の高い教育業界

離職率の高さ
01 /06 2019
不況に強いと言われる教育業界ですが、報道によると入社3年以内に退職する人の割合が最も多いという残念なデータがあります。

≪賃金問題≫  厚生省の調べによると、「教育・学習支援業」の若年層年収は284万円です。(平成23年)

これは離職率の低い「電気・ガス・鉱業・製造業」などに比べると、44万円も下回っています

教育の仕事は、時間外労働が多いことも影響しているようです。

例えば、学校だと部活の引率、学校行事、検定、テストの採点など、あらゆることで時間外労働が発生します。

塾もテスト対策・検定対策で残業などがあります。

⇒ 若者の離職率が高い教育業 HP

私が今まで見た塾では 賃金が低いのでいい人材(先生)が集まらず 教え方が下手だったり 生徒をいじめたり

儲からないから授業料を水増し請求したり という塾がいくつかありました。

社員は週休0日や週休1日で働き アルバイトの大学生が大半という塾もあります。

philosophysophia763

学習塾で働いていました。