FC2ブログ

いい加減な運営の塾 授業料の水増し請求&いじめ

学校・塾でのいじめ
03 /14 2019

県内にいくつかの教室を持っている会社でも 子どものためにならないひどい運営をしているところがありました。

その塾のコンセプトは 「他の塾で授業についてゆけず 学校でも評価されない成績の悪い生徒」をターゲットにして集め、

親からは、授業料を水増しして多く取ることでした。

塾に行って成績が上がらなくとも 親は自分の子どもは元々出来が悪いから塾の責任ではなく うちの子が悪いと思ってしまいます。
その塾もそれをわかって 「成績が上がらないのはお宅のお子さんの能力が・・・」という話をします。

何とか成績が上がってほしいと思う親は 塾の言いなりになって 「夏期講習」「中間テスト対策」など たくさんのお金を支払っていきます。

通常授業は、1ヵ月1~3万円と安くして プラスアルファとして受験対策などで 一か月 8~20万円近く取っていました。 

しかし 授業を行う先生は大学生のアルバイトで 成績の悪い子どもたちをいじめ 罵倒する 質の悪い先生でした。

教室長もいじめを黙認して 上司に報告せず 自らも弱い者いじめの差別に加担していました。

大半の生徒と親はおかしいと気付き 塾を辞めていき、塾生は半分以下に減っていました。

しかし、この状況に気付かない親もいて 異常な状況の塾にそのまま子どもを通わせていました。

教室という密室の危険性

学校・塾でのいじめ
02 /16 2019

前回の続きです。 塾の先生の個人感情で A君はきつく当たられたり、暴力を振るわれることがありました。

私はA君の親に電話をして、塾で 自分が見聞きしたことを伝えました。

子どもが塾で先生から暴力を振るわれたことを伝えると、お母さんは絶句していました。

「うちの子は塾や学校のことを何も話してくれなくて・・・」と、何が起きているか知らなかったそうです。

子どもは何が正しくて、何が間違っているかの判断が曖昧(あいまい)なので 不当なことをされても分からないことがあります。

親は 「うるさい親だと思われたくない。」「親が授業を見学に行っている人は他にいないから・・・」という理由で

学校や塾という教育の現場に見学に行かないことが多いです。

また、塾によっては親の見学を拒否するところもあります。

以上の理由で 教室という「密室」が出来上がってしまいます。

「教室」という小さな王国の中で 先生は王様気分になって 現実社会の一般常識からかけ離れた考えを持つ人もいます。

先生で 「わいせつ罪」や「痴漢」で逮捕される人が多いのはそれも理由だと思います。

塾や学校に見学に行くことや 同級生の親や生徒と連携を取って 子どもたちが安全に過ごせているか

目を光らせるのも大切だと思いました。 

先生による生徒への差別・ひいき

学校・塾でのいじめ
02 /16 2019
塾の授業中、勉強が嫌いで、椅子に座れなかったり、眠っていたリ、反抗する生徒がいました。

やんちゃで元気のいい生徒がいるというのは、中学生であればごく普通のことだと思います。

しかし、ご年配の先生(60代)は その生徒を、「下品な言葉を使うから、部落差別出身に違いない」と決めつけました。

「部落差別」という言葉を使うこと自体、人間として言ってはならないことだと思います。

差別をなくして、平和に暮らしてゆこうということを伝えるのは、 先生の役目であると思います。

ご年配の先生の中には、自分が子どもの頃の常識に沿って物を見ているので 時代遅れな方もいます。

その先生は 自分が気に入らない生徒を標的にして、きつい言葉を投げかける、体を蹴るなどの暴力をふるっていました。

「先生」というと聖人君子のように思われるかもしれませんが、先生もごく普通の人であり、

生徒への「ひいき」や「個人感情」で接しているのをよく見かけます。

「いじめ」の手本を見せた学校の先生

学校・塾でのいじめ
01 /13 2019
私が小学校の時に 新任の若い女性のB先生が赴任してきました。

大学を卒業したばかりの初々しい方で 髪型もメイクも素敵で すぐに生徒の人気者になりました。

学校のクラスではよくあるように、 やんちゃな悪ガキA君がいて 授業中に騒いだりいたずらをしたりしていました。

新任のB先生は やんちゃなA君を手に余ると思ったのか 学級会(クラスの話し合いの時間)で、

「これから、A君を追い出す会をはじめます」と言って A君の素行がいかに悪いかを述べ立てて、

クラスのみんなに対して 「A君をクラスから追い出すべきだと思う人は手を挙げて下さい」と多数決を取り始めました。(!)

生徒は何となく 周りの空気(先生の意向)を伺って 手を挙げていました。 

男子生徒の中には手を挙げない人もいましたが、賛成多数で A君がクラスを追い出されることが決定し、

A君はクラスを出ていかされ、どこかへ歩いていきました。

少しして、B先生が 「A君を探しに行こうか~」 と言って探しに行くと A君は使われていない教室の隅で座って 涙を流して泣いていました。

どうしてここまでする必要があったのでしょうか? 新任の先生なので、指導の仕方が間違っていたのは明白ですし、

A君はやんちゃなだけで、 「クラスから追い出す」ほどの問題児ではありませんでした。他にも問題児はいたのに。

これは、先生の個人感情と さじ加減一つで クラスや子どもへの評価をどうとでもできる ひどい例だと思います。

A君はクラスという社会から完全に疎外されるという体験をして心に傷を負ったと思います。

また、クラスの生徒たちは 「1人の人間を集団でいじめる」ということに加担させられてしまいました。

先生が「いじめ」の手本を見せたのです。
教員免許を持っている・公務員だからと言って 人格的に優れているわけではないです。

これは、断言できます。

A君の親も こんな目に遭わせるためにA君を産んだのではないと思うと 今でも胸が痛みます。

philosophysophia763

学習塾で働いていました。